〒347-8513 埼玉県加須市不動岡1-7-45
        Tel 0480-61-0140  Fax 0480-63-1013   アクセス

 
Check!⇒  
 
トップページ > 学校概要> 学科紹介> 外国語科の専門科目 & 行事 

外国語科の専門教科&行事

 

外国語科の専門教科

英語表現

リスニング・スピーキングの力を養います。英語で得た情報に関して文章を書き発表したり論理的に討論したりするための力を養います。クラスを2分割し、それぞれを日本人の先生とALTの2人(40人に4人の教員)で担当します。授業は原則としてすべて英語で進められます。実際に英文を書いたり話したりする力を養う実技科目で、授業では毎回のように、まとまった内容の英作文、スピーチなどが課題として出されます。この授業を土台にして、校内のポプラカップスピーチコンテスト、全県・全国レベルの多数のスピーチコンテストやディベートコンテストに参加し、多くの成果をあげています。

異文化理解

日本と諸外国の文化の比較・研究をとおして、異文化を理解する態度を育成することをねらいにしています。ALTとのティームティーチングで、英語の書籍・VTR等から外国の文化や日本との関係を調査して発表するもので、大学の勉強を先取りするような専門的、先進的な学習内容です。平成23年度は、多文化共生をテーマに、多数のブラジル移民が暮らす群馬県大泉町でフィールドワークを行い、そこから得られた生の情報、データを基に生徒たちが、異なる文化的背景を持つ人たちとの共生の方法について考え、英語でまとめ、プレゼンテーションを実施しました。

実践英語

それまでに学習した英語の知識をさらに深く定着させ、英語を通しての情報収集力や構成力、表現力を、外国語科としての専門性にふさわしいレベルまで高めるための科目です。印刷物、パソコン、LL機器などを用い、音声や文字を通して情報を収集し、内容を把握し、問題を理解・整理する力を養います。反復・言い換えなどの練習をとおして、語彙や文法の知識を、適切な音声や文章で表現に応用できるようにし、さらに大学入試に対応する学力も養います。

第2外国語

中国語、ドイツ語、フランス語の中から1科目を選択し、基本的な文法・語彙、コミュニケーションの力を身につけます。少人数授業で、それぞれの言語について、専門の日本人の先生とALTがティームティーチング(合計40人に対し6人の教員)で授業をします。耳と口をフル活用する授業で、各国の習慣や国民性などについての題材も豊富です。異文化理解にもつながる楽しい授業で、大学での「やりたいこと探し」のヒントにもなります。また、この授業をきっかけに学校外のスピーチコンテストで立派な成果をあげる生徒もいます。

 

外国語科の行事

サマーセミナー
 1学年の夏休みに行われる外国語科だけの英語合宿です。平成25年度は志賀高原にあるリゾートホテルで2泊3日の英語生活を体験してきました。豊かな自然環境の中で、多数のネイティブスピーカーに囲まれ、生徒たちは授業、食事その他のさまざまな場面で使われる生きた英語を体験し吸収するとともに、英語を専門として勉強していく新たな動機付けを得ました。
  

第25回ポプラカップスピーチコンテスト
  不動岡高校では、生徒の英語力向上のために、校内英語スピーチコンテストを実施しています。「ポプラカップ」の名称は、校内にあるポプラの木に由来しています。今年度は平成26年1月25日の土曜日に、本校の不動岡ホールで実施されます。審査員はALTをはじめとする本校職員で、生徒たちは日ごろの授業で培ってきた力を発揮し、優勝カップを目指します。1学年外国語科の生徒は授業の一環として全員が出席します。不動岡高校以外の方でもご希望の方は入場できます。生徒たちの努力の成果をご覧ください。